Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hachisue.blog65.fc2.com/tb.php/133-af3b71f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FFTを作ってみた・・・

実用数値計算プログラムが解説されている 古~い 某・書籍を参考に
Visual Basic へ移植してみた。 その書籍の言語は、
なっんと、懐かしい PC-9800シリーズ(NEC)の BASIC だったのですけれど、
計算アルゴリズムの理解と、Visual Basic上のプログラム技量は別にして、
とりあえず、実用的なものが作成できたので、プログラムソースを公開。

ただ、Excel の 分析ツールにある FFT関数の結果と比較検証した処、
正変換後の複素表現の値で、位相が 180度ずれているようなので、
注意をして下さい。
もっとも、周波数軸上では絶対値にして Power値とするでしょうから、
実害はないとは思いますが。


FFTのソースプログラムのダウンロードは、こちらから :  CalcFFT_Src.txt

※ テキストファイルの文字コードは、S-JIS ですので、
  文字化けする場合には、文字のエンコード形式を指定して下さい。

尚、
上記のソースでの

' -----------------
' 構造体の宣言
' -----------------
Public Structure Complex
 Dim xr As Double
 Dim xi As Double
End Structure

は、モジュールの外で宣言をするなど、適当な場所に配置をして下さい。 

このFFT関数を利用した例題(サンプル)は、こちらから : example_FFT.txt

※ テキストファイルの文字コードは、S-JIS ですので、
  文字化けする場合には、文字のエンコード形式を指定して下さい。

実行結果のイメージは、
FFT計算画像

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hachisue.blog65.fc2.com/tb.php/133-af3b71f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

プロフィール

hachisue

Author : hachisue
自作PCをこよなく愛する管理人です

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。