Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hachisue.blog65.fc2.com/tb.php/204-12995ea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

VB.NET x軸の表示・・・

個人的なメモ書きの為、あしからず (^^ゞ。

VB.NET(VB2008) で Chart「折れ線グラフ (タイプ Line)」の
”x軸表示” は、感覚的には、「散布図」と同じような考え方 と
思った方が良いかもしれない。

つまり、”XValue” と ”x軸表示” の関係は、
”XValue” の値が そのまま ”x軸表示” されるような
イコールの関係ではなく、
ある意味、それぞれ独立していて、
x軸にも表示用の連続した数値列があり、
”XValue” に等しい ”x軸の値”上にプロット表示される。
(XValue値が等しい複数Pointがあれば、
 それらは、縦1列にプロット表示される)
但し、
XValue を使わずに、YValue値だけでデフォルト表示すると
YValueのx個数だけ、順番にx軸上へ(連続に)並べてプロット表示する
(擬似的に XValue値が 1~N に割り振られたように振舞う)

後は、”x軸の連続した数値列”を どのように表示するかは
x軸ラベルの設定次第という訳。

そのような意味では、
MajorGrid や MinorGrid 、GridTicks など も独立した内部の数値列をもっているので、
x軸表示、Grid表示、GridTick表示 をそれぞれ連携するように(目的に合わせて)
設定する必要がある とも言える。

それと、
x軸表示の CustomLabel を使えば、
 ・デフォルトのx軸表示に上書きするように表示変更もできるし、
 ・デフォルトのx軸表示以外に2段組み表示をさせる など、
デザインに凝った表示も可能である。
なので、
x軸表示の変更を簡単に済ませるならば、CustomLabel を使って、
上書きしてしまえば良いかもしれない。

結局は、
・単に、x軸が {1,2,3,4,5, ・・・,N}と ”項目” であれば、
 XValue を設定せずに、必要に応じて、CustomLabel で表示内容を変更するのが
 良いかもしれない。 無論、XValue を設定しても良い。
・x軸が ”日付(時系列)” や x軸が{35,40,41,49,50,・・・}
 のように、”1”始まりでない or 間隔が不規則 といった場合は、
 XValue を必ず設定した方が良さそうである。
 無論、Pointsへの設定間隔を工夫するなど その他にも手段はあるとは思うが。

蛇足で
x軸の Maximum と Minimum は、
(y軸と同じで) ”x軸の表示の範囲” の最大/最小を設定するであって、
”x軸表示ラベルの値” を設定するのではない という事。

これを利用する場合として、
例えば、300個データあるチャートを、その内 100個だけ抜出して
”窓枠”のように表示させる時、その”窓枠” 移動(スクロール動作)の
処理として、300個中の100個データを改めてプロットし直さなくても、
事前に300個プロットしておいて、Maximum/Minimum値の操作だけで
対応できそうである。(まだ、実際に確認をしていないが・・・)

その2」も参考に・・・

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hachisue.blog65.fc2.com/tb.php/204-12995ea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

プロフィール

hachisue

Author : hachisue
自作PCをこよなく愛する管理人です

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。